かにさんが解説する「世界の7不思議」

亀田大毅というボクサーについて語ってみました。どのような人物なのでしょうか。

ホーム

亀田大毅の実力

亀田三兄弟はボクシングにおいて大きな話題性を持っています。

大活躍をしてとても有名になりました。

今ではテレビのバラエティ番組でもよく姿を目にするようになりました。

亀田三兄弟は長男亀田興毅、次男亀田大毅、三男亀田和毅といった三人の兄弟で全員がボクサーとして活躍しています。

日本ボクシング界に大きく貢献をしているのです。

その中でも亀田三兄弟の次男、亀田大毅選手の実力について紹介していきたいと思います。

亀田大毅は1989年1月6日大阪府大阪市に生まれました。

右ボクサータイプで多くの実績を残しています。

アマチュア時代にはなんと史上最年少である15歳3か月で全日本実業団選手権バンダム級で優勝しているのです。

そして全日本社会人選手権では準優勝を果たしています。

かなり実力があるといっていいでしょう。

また彼の実力派才能だけでなく毎日の大変な努力からなっているものです。

亀田大毅のプロデビュー戦ではなんと1ラウンド23秒という速さでKOしているのです。

ですが反則による1年間のライセンス停止処分などが大きく話題となってしまいました。

亀田大毅と内藤大助の試合を振り返ってみると

日本ボクシング界に大きな影響を与えた亀田三兄弟という3人の兄弟のボクサーたち。

ですがメディアで大きく話題となってしまったのが次男、亀田大毅選手の内藤大助選手との試合での反則行為です。

亀田大毅はメディアで大きく取り上げられた内藤大助との一戦において反則行為を犯してしまいました。

そしてそれにより1年間のボクサーライセンス停止処分となったのです。

では亀田大毅はいったいどのような反則を行ってしまったのでしょうか。

その内容としてまず第一に頭突きです。

そしてしれからサミングという行為です。

サミングとはグローブの親指で目をつくという行為で危険です。

更に最終的にはなんと内藤大助を投げ飛ばしてしまったのです。

このような反則行為を犯してしまいましたが亀田大毅は反則行為などを行わなくても非常に強いボクサーです。

かなり多くの実績を積んできました。

トラブル続きだったために協栄ボクシングジムの契約が解除となって、そこから亀田ジムが設立されて亀田ジム所属選手として活躍していきます。

左目の網膜剥離を理由として引退することになりました。

亀田大毅とT-BOLAN

亀田大毅といえばT−BOLANというイメージもあるかもしれません。

では亀田大毅とT−BOLANとの関係性とはいったい何なのでしょうか。

亀田大毅は今はもう引退していますが有名なプロボクサーですね。

そしてT−BOLANは1990年に結成された日本のロックバンドです。

実は亀田大毅選手が一番好きな歌がT−BOLANの離したくはないという曲だそうなんです。

亀田大毅選手は派手なパフォーマンスがとても有名ですが、中でも試合でKO勝ちした時には試合後にリング上で歌い上げるというパフォーマンスも有名です。

そしてその中でも特にT−BOLANの歌をよく歌っていました。

2006年6月5日対ヨッピー・ベヌー戦ではT−BOLANの「Heart of Gold」を歌いました。

そして対ウィド・パエス戦でTHE虎舞竜のロードを歌ったアンコールにT−BOLANのDearを歌っています。

他にも様々な曲を歌っているのですが中でもとりわけT−BOLANの歌をよく歌っているのでT−BOLANのことが大好きなのがよくわかりますよね。

亀田大毅は引退後何をしているのか?

亀田大毅選手は日本ボクシング界において大きな影響を与えることになりました。

やんちゃなイメージが強く、アマチュアのころから強さの頭角を魅せていました。

そしてプロデビュー後も多くの実績を積んできましたが、内藤大助選手との注目された一戦においてかなりの反則行為を行ってしまったのです。

それにより1年間のボクシングライセンス停止処分を下されました。

そしてほかにも様々なトラブル続きだったために協栄ボクシングジムとの契約を解除され、亀田ボクシングジムが設立されたことにより、亀田ジムとの選手として活躍していくこととなります。

ですが注目されるのは派手なパフォーマンスばかりでした。

そして網膜剥離を起こし引退をすることになってしまいます。

亀田大毅の引退後の生活としては、テレビなどのメディアに出演したりされています。

よくバラエティ番組などでも見かけるようになりましたね。

また最近、2016年8月25日には待望の第1子が誕生したという事でお父さんになったんですね。

引退する前に6年間交際していた女性と結婚をしています。


その他の7不思議

ページトップへ

Copyright (c) 2016 かにさんが解説する「世界の7不思議」 All rights reserved.