かにさんが解説する「世界の7不思議」

グーグルって検索エンジンだけじゃなく人工知能とかすごい会社だと思います。

ホーム

グーグルはなぜ巨大企業になれたのか?

今やだれでもが知っている大企業であるGoogle。

Googleは20世紀の終わりに創業された会社でまだ20年もたっていません。

それなのに世界に名だたる企業となっているのですから驚きと言えば驚きです。

ネットが普及するのもあっという間だったということが言えるのですが、その普及の速さと共に企業として大きくなったのがGoogleというわけなのです。

なぜ、Googleはここまで短期間で巨大企業に成長してきたのでしょうか。

それはビジネスモデルが誰にもわかりやすかったと言うことではないでしょうか。

今でもそうですがGoogleのトップページは検索の窓があるだけです。

まさに検索をするためのトップページだということが誰の目にも明らかなのです。

何をしたら良いのかとわからない人はいないでしょう。

つまり、シンプルな構成であったこと。

他に押し付けるようなことを何もしなかったことが一番大きな成長の理由だと思えます。

そのシンプルな仕組みがあってこそ、Googleの大きな収益源である広告収入にも結びついて行ったと言うことが言えるのです。

誰にもわかりやすと言うのがツボだと言えるのです。

グーグル創業者のラリーペイジとセルゲイブリンはどんな人物?

Googleという大企業を創業した人はどんな人なのかと思ってしまいます。

きっとすごい人なのだろうなと思うのは誰しも同じでしょう。

Googleの創業者はラリーペイジとセルゲイブリンといった人物になります。

いずれもアメリカ人です。

二人がGoogleを創業したのはスタンフォード大学計算機科学の博士課程の時です。

二人とも学生だったわけです。

ラリーペイジとセルゲイブリンはスタンフォード大学で知り合いになったということになります。

ラリーペイジは現在はGoogleの持ち株会社であるアルファベット社CEOとなっています。

純資産は4兆円ともいわれています。

セルゲイブリンはソビエト連邦モスクワに住む東欧系ユダヤ人の家庭に生まれ6歳の時にアメリカに移住しアメリカ国籍を有しています。

ラリーペイジと同じスタンフォード大学に進学するのですが当初はこの二人は特に仲が良いと言うことでもなかったようです。

ただ、共通の興味をもっているということから共に検索エンジンの研究に没頭した言ったと言うことです。

現在は持ち株会社のアルファベット社の社長となっています。

グーグルの検索エンジンが支持される理由

検索エンジンと言えばGoogleというように、多くの人から支持を得ているGoogleですが、ここまでGoogleの検索エンジンが多くの人に支持をされている理由は何になのでしょうか。

理由は色々なことが考えられます。

一つにはトップページのシンプルさが受けていると言うこともあるようです。

検索を行うための検索窓しかないのがGoogleのトップページなのですが、それが逆にすっきりしていて何をしたいのかよくわかるので良いと言う意見も多いようです。

また、世界一の情報量を有していること、検索に要するスピードや表示速度の速さも支持をされている理由の一つです。

ストレスなく使うことが出来ると言うのはやはり大きなプラスポイントになるのです。

また、他の検索エンジンと比べてみるとGoogleの検索は自分が欲している検索結果が表示されやすという点も挙げられます。

同じ検索を行っても思ったような結果がでてくるということはやはりストレスの軽減に繋がるのです。

こうしてみていくと、Googleがここまで支持をされるのはすべてにおいてストレスフリーを実現しているからだと考えられるのです。

グーグルの人工知能はどこまで進化するのか?

人工知能という言葉をよく耳にすようになってきました。

人に変わって、い人よりも優秀に人工知能が問題を解決する。

それがまだ初期段階とも言えるのかも知れませんが、色々な分野で発展をしてきています。

Googleにおいても人工知能の開発には力を入れています。

もちろん、人工知能はGoogleだけが行っているものだとは言えませんが飛躍的に人工知能が出来ることが広がりを見せていることには変わりがないと言えるでしょう。

人工知能はどこまで進化していくのでしょうか。

それは私のような凡人には計り知れない部分だと言えます。

おそらく人がおこなっていることは徐々に人工知能が行えるようになっていくのではないでしょうか。

いわば、人間が行っている仕事を人工知能が奪う可能性もあるということです。

どこまで進化していくのかはまったくわかりません。

どこでかで歯止めをするべきなのかも知れません。

いずれにしても人間にとってマイナスになるのではなくプラスに作用していくように進化していかないといけないことに間違いはないでしょう。

遠くない将来、人間と人工知能の仕事の済みわけも行われるのか知れません。


その他の7不思議

ページトップへ

Copyright (c) 2016 かにさんが解説する「世界の7不思議」 All rights reserved.