かにさんが解説する「世界の7不思議」

アルバイトをしたり、色々な仕事をして気が付いた事などを書き記しておきます。

ホーム

人は何故仕事をするのか?

人は働いて生活をしています。

では人はなぜ働くのでしょうか。

根本的なことを考えたことはあるでしょうか。

働くという事の意味はいったいなんなのでしょう。

現代社会において社会人として人は働くものであるという事が当たり前であるかのようになっています。

なぜ働くのかそういった疑問において働かないと食べていけないからという回答があります。

だけど働かなくとも現代社会では食べていける環境にあるケースもあります。

ですがそれは頼れる人がいる場合です。

誰も頼ることができなければ生活をしていくことはできないのです。

そのため、生活をしていくため、食べていくために働いているという働く意味があります。

また生活水準をかなり下げて最低限生きるという事だけを考えるのであれば働かずとしても生きていくことはできますが、今の世の中で快適な暮らしを得るためには働く必要があるでしょう。

今よりももっといい暮らしがしたい、生活水準を上げたい、または下げたくない、そういった場合にはお金が必要となり、その為に働くのであるという考えを持つ方も多いです。

学生が向いているアルバイトとは

今現在学生であり勉強をしているという方は学業が本分です。

ですが学業だけを行っているのではなくアルバイトも行っている方も多いことでしょう。

特に学生の方は今まで学校という社会の中で生活をしていたので初めて外の社会に出るのがアルバイトであるという方も多いことかと思います。

初めてアルバイトをすることで仕事の大変さ、お金を稼ぐことの大変さ、そしてお金の大切さや人間関係、社会の理不尽さなども様々なことを経験することになるでしょう。

アルバイトをする際には誰もが不安でいっぱいになることかと思います。

でもきっとアルバイトをする中でも楽しいことも見つかることと思います。

そんなアルバイトについてですが、学生の方に向いているアルバイトとはいったいなんなのでしょうか。

人にもよりますし働ける時間などにもよりますが、販売や飲食でのアルバイトを最初に経験される方が多いと思います。

学業がおろそかになってしまっては本末転倒ですからそちらがおろそかになってしまわないように、拘束時間も短く融通が利き初心者を歓迎している所がお勧めです。

アルバイトでの悲惨な話

アルバイトをするうえで様々な経験をされていることでしょう。

アルバイトとして働くにも様々な業種があります。

様々な職場でアルバイトとしての従業員を雇用しています。

今までにアルバイトで働いた経験があるという方も多いことでしょう。

特にアルバイトで働くという事は初めて社会に出るという経験であるケースが多いです。

学生の間に自分の自由に使えるお金を稼ぐためにアルバイトをしていたという方も多いのではないでしょうか。

なのでそういったアルバイトをするうえで様々な経験をしてこられたことかと思います。

その経験には中には悲惨なものもあったことでしょう。

例えばアルバイト先での仕事中に大失敗をしてしまったことなんてありませんでしたか?またアルバイト先がブラック企業で悲惨な目にあったという方も多いかもしれません。

なかなか休みももらえずにシフトを入れられて、更にアルバイトなのにまるで社員であるかのような仕事内容をさせられていたというケースもあるかもしれません。

人件費削減の為に社員の数を減らしてアルバイトを増やすという所も増えているのです。

高学歴な学生がしているアルバイトは?

学生の間にアルバイトをするという事も良い社会経験になります。

何もアルバイトなど働いたことのないまま学校を卒業して就職するとなると苦労してしまうことも出てくることでしょう。

なので学業をおろそかにしない程度にアルバイトをしておくという事はとても大事な経験なのです。

そのようなアルバイトにおいて様々な職業のアルバイトがあります。

自分に合っている所で楽しく働くという事もアルバイトをするうえで大切なことだと思います。

そんなアルバイトなんですが、特に高学歴の方が行っているアルバイトは何なのでしょうか。

学歴の高い方しかできないアルバイトに塾講師や家庭教師があります。

これはこれから受験をされる学生の方に勉強を教える必要があり、その為には自分がそれ以上に勉強ができるという必要があるのです。

また学歴が高いと採用されやすいですし、勉強を教えられる側も安心して教えてもらうことができるので高学歴である方がやっている確率がどうしても高くなります。

特に塾講師や家庭教師は時給が高い傾向にあるので割のいいバイトとなっているのです。


その他の7不思議

ページトップへ

Copyright (c) 2016 かにさんが解説する「世界の7不思議」 All rights reserved.